一度無接点充電の便利さを知るとわざわざ充電ポートに刺して充電するあの頃にはなかなか戻れません。機器を選ばず充電器に載せるだけで充電がスタートするQi対応の充電器は一つあると大変重宝します。

ただ、Apple様の純正品って庶民にはかなり高額と感じるものが多いのが悩みどころです。価格ではチート気味の中華製品ArtifitのQi対応急速充電器なら3280円で購入可能です。しかも今なら割引コード55B294WVの入力で15%オフ( 2,788 円 ※2019年1月20日現在)でお買い得です。

充電機能のない最新版ではない機種でもワイヤレスレシーバーシートなどのアダプターをつければワイヤレス充電に可能なので、様々な機器を無接点充電化させてみるのもおもしろいです。

2000円台で買える急速ワイヤレス充電器

ACは別売りということなのでそこは注意です。がじぇ太郎の場合はQC対応のスマホの充電器をそのまま使用してます。

急速充電にも対応

ワイヤレスだと充電時間がかかりますが、寝る前に充電台に載せておいたり、帰宅時にそのまま充電台に置くなどすればすぐに満充電になっているのであまり気になりません。急ぎの際には直接ポートに差し込んで急速充電をすることも可能なのでその時の状況に応じて使い分けることができます。

賢い制御機能

 

バッテリーへの負荷を減らすための保護機能がついていて安心です。

伸びるスタンドや角度調整機能が便利

充電しているときもお好みの形でディスプレイ可能です。大型のスマートフォンならスタンドを伸ばして安定感を増すこともできますし、

ディスプレイを横画面で確認するために微妙な角度調整もできて考えられています。

ワイヤレスレシーバーシートをGalaxy Note Edgeで使用

こういった感じでワイヤレス充電レシーバー用アダプターがうられているので、これを古い機種の充電ポートに合わせて使えば様々な機器がワイヤレス充電対応に早変わり。

はめ込んだあとはケースの中に収納できるぐらいの薄さなので、見た目はあまり変化なしです。

アダプターをつけて、こちらのワイヤレス充電器の上に載せるだけ

こんな感じでちゃんと無接点充電ができてしまいます。

ただ、安物のアダプターだと急速充電に対応していなかったり出力が弱かったりするので購入前によく確認をしてください。

WimaxでももちろんOK

真ん中からケーブルが出るタイプ、左端から、右端から、折り返した際にどちら向きになるかといったことを考えて購入しないと失敗してしまうので、アダプターを使用する場合はその点の注意が必要です。

わずか3000円ほどで買えるQi対応充電器Artifit社の充電器便利に使えて、重宝してます。割引コード55B294WVの入力で15%オフとなっているのでお見逃しなく。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事