wechatの画面で予告していたので、予想はできていましたが、OneMix2の中国国内販売モデルにはやはり噂のm3-8100Yモデルも投入されるようです。

さらには、なんと出さないといっていたあの限定モデルも投入予定とみられる資料が見つかっています。

10/26 追記:事前情報通りMI6限定モデルと、8100Yモデルが投入されました。価格比較などの詳細は下記を参照ください。

OneMix2のm3-8100Yモデルの名は「OneMix2 S」価格は日本円約79,000円!海外通販サイトとの価格比較あり

OneMix2の最新モデルOneMix2S Mission: Impossible Fallout限定モデル販売開始!

スポンサードリンク

 

気になるスペック表が登場

OneMix2を待ち望むユーザー向けにちら見せをしたこちらの資料からは、

「OneMix2」「OneMix2S」「OneMix2S限定版

とあります。ノリはiPhoneのそれっぽいですが、違いはわかりやすく赤字で書いてくれているので一目瞭然。

単純にCPUとカラーの違いです。m3-7Y30モデルm3-8100Yモデルがやはり投入されるようですね。

一番右端の限定バージョンは「碟中諜限量禮盒(文字化けしそうなんで繁体字m(_ _)m)」とありますが、これはMission: Impossible Fallout限定版のことだと思われます。初代OneMixでもこっそり発売していましたが、OneMix2でも発売予定のようです。

また、こちらのスペック表14nm++と書いてありますが、

一方で、Amber Lakeに関してはSenderovitz氏からあまり言及はなく、目立った強化ポイントはTDPが5Wになったことぐらい。プレスからの質問には、プロセスルールは14nm++ではなくKaby Lakeと同じ14nmである回答。基本的にはSkylake-YやKaby Lakeのマイナーチェンジと考えて問題はなさそうだ。

from:ASCII.jp:Whiskey Lakeは14nm++でAmber Lakeは14nm、Intelが新第8世代Coreのブリーフィングを開催|IFA 2018レポート

といった、記事を幾つか見つけることができ、2つのモデルで劇的な差はみられないかと思われます。ブラウジング速度やゲームを微力ながらパワフルに遊ぶなら8100YのクロックがブーストされたCPUの方が有利かもしれないが、テスト期間の長さノウハウの蓄積、省電力の観点からみるとm3-7Y30でも正直アリな選択です。

個人的にはよりコスパの高い方を選びたいなと思います。新しいCPUが必ずいいとは限りませんしね。

残念ながら16GB RAMモデルとcore i5モデルの発表はまだのようです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事