Intel Gemini lake 4000 (N4100)からm3-8100Yへの変更だけでなく、参考展示を行っていたサンプル機よりもかなりスタイリッシュな変身を遂げたことで一気に注目を集めているCHUWI MiniBookですが、「価格競争なら負けない!」といわんばかりのツイートを公式が発信しています。

20日午後に、GPD P2 Maxの価格についてGPD公式が衝撃の$705というツイートをした影響かどうかは定かではありませんが、その後しばらく時間をおいて「価格についてはまだ非公表ではあるが、競合の中で最も魅力的な価格になる。」と高らかに宣言しています。

また同時にアップロードされた画像には、モザイク加工が施されているものの特定のメーカーと断定できるような画像もみられます。

 

「m3-8100Y、8GB RAM、1920 x 1200 IPSディスプレイで幾らになると思いますか?」とユーザーに価格予想を尋ねるツイートまで飛び出し、UMPC価格競争が場外乱闘さながらの様相を呈してきてプロレスファンも湧いてきそうな勢いです。

 

ONE-NETBOOK社のOneMix 3発表後から激しい宣伝合戦が繰り広げられており、GPDの衝撃プライス発表、CHUWI MiniBookのCPUアップグレード・今回のコスパナンバーワン宣言と続き、明日OneMix 3Sの発表でONE NETBOOK社がどのような動きに出るのか非常に楽しみになってきています。

 

$550以下の価格でIndiegogoに登場予定のCHUWI MiniBookについては下記のURLから登録を行うことで最新情報を受け取ることができ、早期出資者特典(25%オフ)をいち早く入手できるとしていますので、格安UMPC MiniBookに興味がある人は25%オフの権利を狙って登録してみてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事