One Mix 2S 錦鯉限定版という見出しで、新商品が登場しました。予想通りレッドカラー、赤色の新商品であったのですが、きになるんは「錦鯉?」

なぜこのチョイスにしたかはのちのち調べてみるとして、スペックや価格等変化はないのはチェックしていきましょう

geekbuyingでも販売開始!
geekbuyingでもこの限定モデルが販売されるようです。割引クーポンと詳細をコチラでまとめましたので、よかったらみてください。

真紅の幸運を呼ぶ新モデル錦鯉

「いつも錦鯉と一緒に、思いのままに」直訳ですが、そんなことが書いてありますね。ジオン軍のデカールをはったり、ズームズームスタジアムに持っていったり、

これは一部のファンを魅了しそうです。

価格は5999人民元→予約割引で5499人民元(約9万円)

価格がまだ発表されていないのか、まだ出ていません。SSDが増量されているので価格はかなり上がると予想ができます。

超速報過ぎて価格がでていませんでしたが、後ほどチェックすると価格が出ていました。

通常は5999元ですが、99元の予約金を支払うと予約販売割引が500元あり、5598元(5999+99-500=5598元)で購入することが可能です。日本円にするとおよそ92,400円になります。

ミッション・インポッシブル限定版との価格差100元?

ミッション・インポッシブル限定モデルが5399元と同様のJD.comの販売ページにはありました。そうすると、SSDが512GBと倍に増量された限定バージョンであるにもかかわらず、価格はわずか100元の差、日本円で約1600円程度なので、1600円で買えるSSDの容量ではないため、同じ限定モデルでもレッドカラーはかなりお買い得感が出ています。

スタイラスも真っ赤っ赤

 

ミッション・インポッシブルモデルはスタイラスもオールブラックカラーでしたが、今回はスタイラスもレッドカラーとなっています。

CPUはそのまま m3-8100YでSSDは512GBに増量

CPUは据え置きのm3-8100Yながら、なんとSSDを512GBにアップグレード!将来的には1TBモデル16GBまでのアップグレードも期待できそうです。

本国ではやはりおまけがたくさんついてきます。こちらもやや赤を意識した模様。

日本のビジネスシーンでは難しいかも

かなりファッションには寛容な時代になりましたが、この真っ赤な筐体がビジネスシーンで受け入れられるかは少々抵抗を感じますね。でも昔NECの真っ赤なUMPC使ってました(笑)

古風なデザインが国内外で受けそうな予感はします。それでもこれも中国じゃないとできないモデルでしょうね。日本でこの発想や、商品化までの度胸はないでしょう。

どうでしょう?ミッション・インポッシブルモデルと同じで、ここまでみてるとなんかかっこよくみえませんか?

天板にもうっすらと錦鯉が対になって描かれています。中国の縁起物ですね。對聯なんかに通じる考えです。

日本でも購入ができるのか気になるところですが(geekbyingで販売始まっています)、新モデルについての情報収集をこのまま続けていきます。価格がいくらになるのか気になります。

geekbuyingでも販売開始!
geekbuyingでもこの限定モデルが販売されるようです。割引クーポンと詳細をコチラでまとめましたので、よかったらみてください。

以上、One Netbook One Mix 2S 錦鯉限定モデルの発表とSSD 512GBのアップグレードなど、新製品に関する記事でした。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事