ONE-netbook注目の新製品『OneMix 3』のスペックについて公式から発表がありました。中には多くのファンが嘆いていた、初代OneMixに備わっていたバックライトキーの復活などもふくまれ、画面の大型化といった大きな変更点もみられOneMix 3も話題を集めそうです。

※英語版も出されたので、ページ下部に追加しました。

ディスプレイサイズ・解像度等は予想通り

ONE-NETBOOK OneMix 3サンプル機スペック
ディスプレイ
サイズ 8.4インチ
解像度 2560 x 1600
プロセッサー
アスペクト比 16:10
CPU Core m3-8100
クロック 11Ghz/3.40Ghz
GPU
グラフィックカード UHD Graphics 615
クロック 300MHz / 900Mhz
容量
メモリ 8GB
内部ストレージ 256GB PCIE SSD
本体サイズ シークレット
バッテリー シークレット
ポート類
左:MicroHDMI X1
右usb3.0 x 1、Type-C x 1、
MicroSDカードスロット
特殊機能
バックライトキーボード
生体認証(指紋認証)
360°フリップヒンジ
筆圧対応スタイラス、
テスターへはプレゼント
レインボーボール(イースターエッグ)非公開
OS Windows 10 HOME

中国語を日本語に訳してみました。事前の宿題から予想されていたディスプレイサイズと解像度はファンが予想していた通りの結果でした。

8.4インチ2560 x 1600のWQXGAディスプレイとなっており、アスペクト比はかわらず16:10なのでオフィスなどもフィールドを大きく見渡せるようになっています。

新型iPad miniが7.9インチでスタイラスペンも対応しているということなので、メモ代わりのUMPCとしてはiPad miniとも競合関係になりそうです。

レインボーボール?まだ明らかになっていないスペックも

内部サンプル機のテスターへ贈られるというスタイラスにも変更があれば最高なんですが、スタイラスについては語られていません。マイクロソフトのMPPやwacomのAES・EMRと互換性があれば使えるスタイラスの種類が大幅に増えて神機間違いなしなんですが、頑張ってほしいところ。

そしてバックライトが復活したのは嬉しいですね。レインボーボール(→追記公式が19時過ぎに英語版を出していましたが、そのままイースターエッグとなっていますね。)というのはなんでしょう?西洋のイースターエッグ的なもので、特別なおまけという感じはしますが、あまり日本で活用できないラウンジVIPカードとかではない方向でお願いしたいです。

継承されるIntel Core m3-8100Yの実力は?

ベンチマーク記事や「とてもパワフル」という文字では伝わりにくいと思うので、検証動画を作ってみました。モニターにつなげて使えば通常のデスクトップパソコンと何ら変わりなく使えることがわかるかと思います。

こんなとんでもないモバイルマシーンが登場するなんて、いい時代になりましたよね~。8.4インチでさらに使いやすくなったOneMix3の登場が楽しみです。小さいことが正義だっていう人には価格やサイズで初代OneMix、OneMix 2、OneMix 2Sのラインナップもアリだと思います。

まだ明らかにされていないスペックが気になるところですが、カメラ機能はやっぱりないのでしょうか?スペックが判明次第追って報告していきます。以上、ONE-NETBOOK社の新製品OneMix 3のスペックについてお知らせいたしました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事