おそらく日本では一向に浸透していないTrue Wireless Stereo(TWS)という言葉、いわゆるAirPods型の左右のイヤホンが完全に独立したワイヤレスイヤホンのことです。AirPodsが耳からちょろっとでている様子は色々な意味でインパクトを受けますが、邪魔な線もなくてゴロ寝生活には必須のアイテムともいえます。しかし、アップル様謹製には手が届かない、そこで助け舟を出してくれるのが中華製品です。アップルというブランドをとって、限りなく原価に近づけるとここまで価格は下るものなんですね~。

$6.99のTWSやモバイルバッテリー機能つきのTWSなど、完全ワイヤレスイヤホンにも様々な種類が増えてきています。カラーバリエーションであったり、Bluetoothのバージョン、防水機能などお好みの機能をチョイスしながらぴったりのイヤホンをお安くゲットしてください。

注目のTWS

 

i10 TWS Bluetooth 5.0 Earbuds

 

Bluetooth ver5.0を採用しつつ、デザインもアップル様に寄せてきたi10 TWSは人気があります。スマホのカラーに合わせて選ぶのもいいですね。

X8 TWS Bluetooth 5.0 Earbuds

収納ケースが2200mAhという大容量のバッテリーを搭載しているため、電池切れを気にすることなくTWSを持ち歩けます。X8 TWS Bluetooth 5.0 Earbudsは大きなバッテリーをモバイルバッテリーとしてスマートフォンへの給電も可能なので、リスニング用途以外にももっていて得するTWSとなっています。

QCY T1C/T1 Earphones

コンパクトさ、防水機能などで選ぶならQCY T1C/T1 Earphonesもアリですね。どれも20ドルほどでかえるので、まず完全ワイヤレスを試してみたいという方におすすめです。2万円ほどだして、「なんか思ってたのと違う~!」ってなったらもったいないですもんね。スマホや普段使っている環境との相性などで音飛びやワレが発生することもあるので、実際いろいろ試してみないとわからないところもありますが、装着感や使用頻度などは安価な中華製TWSでデビューしてみるのがいいんじゃないでしょうか。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事